中古複合機の導入


複合機オフィス機器の中でも、利用頻度が高い機材が複合機でしょう。起業した時でも、導入を真っ先に検討していく機材です。導入方法にはいくつかの方法がありますが、それぞれ特徴があり、メリットもデメリットも存在するため、自分たちに向いている方法を選ぶ必要があるでしょう。新品購入は、最も金額がかかる方法です。資産として機材を持てる方法としては有効ですが、イニシャルコストの高騰は、大きな足かせになるでしょう。リースやレンタルでの契約もあります。自分たちのものにはなりませんが、経費算入が可能となる方法です。もうひとつの方法が、中古品購入です。自分たちの資産にできるようになるだけではなく、費用負担も大幅に軽くできるメリットがあります。所有権があるということは、好きな時に買い替えができるというメリットを活用できるでしょう。

自由に機材を選択できるメリットが中古での複合機の購入になってきますが、コストがかかることに変わりはありません。新品よりも手が出しやすくなる一方で、新品ではないデメリットが存在します。どこまでのリスクを見ていくかでも違いますが、企業にとってはメリットがあることは確かです。

中古ということで勘違いされてしまうようなこともあります。実際には大きなメリットを残してくれますが、間違えてしまえば、その価値を利用できなくなってしまいますイニシャルコストの削減だけではなく、選び方も大切になってきますので、参考にしながら複合機を考えてみてはいかがでしょうか。