チェックのポイント


中古の複合機を考えるメリットは、イニシャルコストの削減です。ですが、問題は中古での商品を利用するところにあります。だれかが使ったものを購入する代わりに安価になってきますが、どんな使い方をしたのかはわからないでしょう。壊れやすいところにデメリットがあるのですから、状況を把握することがポイントになってきます。

カウンター複合機には、必ずカウンターがあります。このカウンターを見ると、どれぐらい利用したのかが一目瞭然です。同じような金額で並んでいるのであれば、カウンターで数の少ないほうを選べば、それだけ長く使えるものを選べるようになるでしょう。実際に消耗品になってしまうものもあります。使えば使うだけ、耐久性が落ちてしまうため、のちにランニングコストが高まることになるでしょう。しっかりと判断しておけば、お得な複合機を見つけていけるようになります。

高性能であることが重要ではありません。あまりに高速でコピーできる機種は、電気代もかかるようになります。そこまで必要なものでなければ、性能は抑えるというのも利用方法となるでしょう。

コストを抑えられ、所有権も自分にあるということは、高性能が必要になったときには買い替えも自由にできます。このメリットを大きく生かしていければ、中古は大きな助けになるでしょう。