費用を有効にできる


起業した時のことを考えると、さまざまな機材を購入したりして導入することになります。オフィス機器だけで済めば問題は少なくなりますが、賃貸費用物件を考えたりすることになるのですから、かなりの金額を用意しなければいけません。開業するとなると、びっくりするほどの費用負担が必要になってくる中で、複合機の負担も考えるのは、大きな痛手になってくるでしょう。

機能イニシャルコストで考えた場合、中古複合機を選択する意味はここにあります。イニシャルコストを下げられることによって、開店資金などに費用を傾けられるようになるでしょう。新品で複合機を考えると、機能的には最新のものを使えるようになります。しかし、そこまでの機能が必要かといわれれば、そこまでのものはいらないのが現状です。最新の機能が便利なことは間違いありませんが、使いこなしていけるとは限りません。通常のコピーやFaxを考えれば、そこまでの機能は使わないからです。イニシャルコストを抑えながら、最小限の機能で抑えていけば、大幅な削減になるのですから、中古での導入には大きなメリットがあります。特に起業した時には、開店資金に回せることを考えれば、経営も安定させられるでしょう。